渋谷は歓喜のサポーターで騒ぎに 逮捕者も

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180629/k10011499951000.html

W杯 渋谷は歓喜のサポーターで騒ぎに 逮捕者も
2018年6月29日 3時41分サッカーW杯

サッカーワールドカップ、ロシア大会で、日本の決勝トーナメント進出が決まると、東京の渋谷駅前は、歓喜の声を上げるユニフォーム姿のサポーターたちでごった返し、逮捕者も出るなどの騒ぎになりました。

東京の渋谷駅前のスクランブル交差点では、日本が1次リーグの最終戦ポーランドに惜敗したものの、決勝トーナメント進出が決まると、「ニッポン!」とコールするユニフォーム姿のサポーターたちで埋め尽くされました。

20代の男性は「試合には負けたけれど、選手たちは頑張ってくれた。決勝トーナメントでも勝ち進んでくれることを期待したい」と喜んでいました。

警視庁は、1戦目、2戦目と同様に数百人の警察官を動員してスクランブル交差点を斜めに横断できないよう交通整理したほか、「DJポリス」として知られる機動隊の広報班が「良識ある行動を!」などと呼びかけましたが、赤信号に変わってもサポーターが交差点内でハイタッチを繰り返したり、車道に飛び出たりする場面もありました。

警視庁によりますと、スクランブル交差点で交通整理をしていた機動隊員の帽子を奪い取るなどしたとして、20代の大学生が公務執行妨害の疑いで逮捕されるなど、騒ぎになりました。

大阪 道頓堀でも警戒

一方、道頓堀川にかかる戎橋周辺の混雑を受けて大阪府警はおよそ80人態勢で警戒にあたり、橋の上で跳びはねたり、川に飛び込んだりしないよう呼びかけました。

それでも、警察官の制止を聞かずに50人以上が川に飛び込みましたが、警察や消防によりますと、午前3時現在、けが人などの情報はなく、大きなトラブルもなかったということです。